時価総額へ戻す

時価総額へ戻すことへの着眼点。

これはリアトレをするときに注目することで、大抵はそれはやらない方がいいが、能力値をもってしてのトレードだと可能なことは、特徴を見てブレずに続けることができることを、セオリーにすることへの理解力が重要になる。

手数料がゼロ円の証券と手数料がかかる証券のある株式だが、どちらも有効性を持った取引が可能で、本来はゼロ円が方が儲けが出やすい。

ただし、リアトレというよりは日中に利益を増やすことを目的とした運用などもある。

ここでは、リアトレだが手数料ゼロ円の場で、何も考えずに売りと買いを繰り返すだけで利益を生むスタイルを取ることで、毎日投信と同じ利回りが株価元本へ戻る取引ができる。

要は一度、株価がやはり市場の株価と異なり、自分だけの株価が存在することに気づけばそれが可能となる。

最初は例えば、アップルの株価170ドルに対して、リアトレをするとその日の日足チャートなどに変化が出る。

分足チャートだと最高高値を見て動きを追うが、本来何もしない状況だと172ドルへの高騰で、リアトレが入ると最高高値は171ドルへ低下しやすい。

何度かの約定で最高高値が低下するが、これを日足チャートへ切り替えると、分足チャートでも最高高値となる172ドルがきちんと表示される。

しかしこの場合は、時間差にずれが出て、チャートがリアトレの株価と市場の株価を叩くようになる。

それはリアトレの自分のチャートが+2.0パーセントのときは、市場が+1.5パーセントなどになり、市場が閉幕になるまでその株価のずれは修正が入らないのが事実となる。

閉幕して一日が経過すると深夜帯とかでどちらも株価も上方修正がそろい、株価が同じになるが、このとき市場閉幕の終値が変化した形で表示が決まってきたりもする。

要は自分の株価と市場の株価とがあることで、電流により人それぞれの環境というものが確立してきて、人間社会の隠や韻を正しく使える次元の人間にはそれが可能となる。

自分の株価はリアトレのユーザーには市場と異なることが常時で意識され、他人とアップルの株価について話をするときは、韻を踏まえて会話することが求められ、知り合い同士だと互いの株価を知ることができるが、知らない同士だとそれを質問することで嫌疑を持つことの重要さを説いている節もあり、意外と軍事的にそして防御と武器にもなる情報にもなる。

そして自分枠のプラス枠の主張にもなる。

ほかにもそのようなやり取りは可能だが、これはおそらく投資経験や投資が本来となれば、誰もがやり方を知ることで、コンピューター自動売買ツール任せなど人により度合いが違ってもやり方は同じで、人によりアップルの株価は異なりが実は出る。

韻でいえば知らない他人がアップルの株価を質問してくると、どうしてそれを聴くかと逆に質問を返すことが可能だ。

そこで相手が投資家を名乗ると実はもうこれで投資詐欺を防ぐことが可能となるようなことで、人それぞれで株価が異なるので、他人にアップルの株価を質問すると無知だとすぐに感知されるのがリアトレーダーには常識となる。

要は詐欺系統だとすぐに気づくので、ほとんどの人に対して投資詐欺というのは通用しない。

日本人の投資詐欺の浸透性の浅いことが白日で、プラスは全員がそれを把握している。

単純に株価は人それぞれ違うということで、それは確認ができず実態がないので、リアトレを他人に説明は不可能としても扱えるようにもなる。私のようにガリバー状態でも隠しが可能ということだ。

ほかの人間と株価が異なり、私の持つ株式の株価を見てもその数値は追うことが不可能になる。本人以外には。

大抵は株価が元本に戻る計算で、それにより私の所有のアップルの株価なども存在して、それによりリアトレの利益計算ができるのが投資になる。

そのため実は、映画ではそれは行われず、日本ドラマだけでそのリアトレがあるが、日本ドラマの質の悪さと見た目重視のスタイルというものが分かりやすくなる。

あの方法は昔の私が知るリアトレの方法で、実は架空になる。

なぜなら自動売買ツールが主体じゃないからだ。適任者だと自動売買ツールがセットで証券が開けるので、あのリアトレが可能だとまず所有が可能だ。

つまりそれがないということは自然とあの日本ドラマ式のリアトレは不可能で、不適合の扱いなのでそのリアトレはしない方がいい。

普通はそう考えるように日本人に対して罠になっている。

そのまんまの売買ツールは要は私にしか持てないということで、あのリアトレツールを話題に出すと韻を踏めないよ。という地雷の意味になるのが日本式のドラマに登場するリアトレの実情となる。