自分の株価を育てる

自分の株価を育てるとは、暴落で例にすると5パーセントの下落で、その日のCPE利回りが3パーセントで、自分の株価はマイナス2パーセントに抑えることができる単純アプローチの見立てもある。

よって2営業日で株価トータル-5パーセントのとき、連続でCER3パーセントになると株価回復という形式が生まれる。